スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブル依存症の5円スロ。

純粋なリールの出目やゲーム性を楽しむ完全確率抽選だった時代。
爆裂AT機能が登場し万枚が当たり前だった時代。
ストック機能が主流になり、ボーナスが機械に支配された時代。
パチンコ、スロットといった大衆娯楽であるギャンブルが、昨今の風営法の改正によってかなりの規制を受けました。
その影響を受けて登場してくる遊戯台にどうしても馴染めず、客離れが進み、破綻する店舗があとをたちません
射幸心を煽る出玉の規制は、まだ納得できなくても理解はできますが、リール制御にまで規制を加えるのはどうかと。
色んなゲーム性の台があっていいと思います。なぜ遊戯の根っこまでえぐり取るような事をするのか。
甚だ疑問です。中でも1番はやはり、JACゲームの撤廃とリプレイ外しのような技術介入要素の削除。
これによって、スロット台はただボーナスが当たってもコインの垂れ流し状態になり、遊戯中の楽しみが無くなりました。
自分はノーマルAタイプが好きなので、5号機は打てなくはありませんが…やっぱり出玉が寂しいですよ
あとビッグ250枚で1000近くハマるのはおかしいです。最近では窮余の策なのか、5円スロットを謳う店舗が増えてきてますね。
スロットを楽しむことに重点を置いていて、依存症に近い方は一種の鎮静剤みたいな感じで打てるのではないでしょうか。
ただ、ギャンブルとして捉えている方にとっては、¥がダイレクトに反映されない5スロは楽しくないでしょうね。
僕はどちらかといえば後者です



スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。